BANASTA AWARD 2020

東京バナナスターズ 2ndシーズン閉幕

東京バナナスターズの2年目のシーズンが終了しました。

最初の年は

『雨に泣かされ10ヶ月10回の開催のうち活動6回・試合数は4試合と寂し結果に…』

なんてコメントを書きましたが、今年は雨と新型コロナの影響により、2019年よりも更に少ない活動3回・試合数も3試合となりました(T_T)。

それでも内容的には素晴らしく。最高の2年目を終えようとしています。

BANASTAの2020年のチーム成績

そして今年の戦績は『3戦2勝1敗』で勝ち越し。

  • 第1戦:BANASTA 6-0 チーム坂道様
  • 第2戦:BANASTA 8-6 FINES様
  • 第3戦:BANASTA 1-6 T-FIVE

2019年は3勝1敗で『いわゆる草野球で負けがつくとは思っていませんでした』なんてことを書き『2020年は全勝を!』と思っていましたが、2020年も相手がT-FIVEといえど1敗をしてしまいました。

そして気になる個人成績

個人タイトル対象項目に関しては昨シーズンはじめに『BANASTA年間タイトル』にて発表しており、2020年も同一基準にて各5部門毎に個人賞を設定し、その個人タイトルについて発表したいと思います。

タイトルどんっ!

①オフェンス部門個人タイトル

  • 首位打者:武川(打率1.000)
  • 打点王 :山崎(4打点)
  • 本塁打王:山崎(1本)
  • OPS王:武川(2.000)
  • 盗塁王 :別府(1盗塁)

規定打席ルールが無いBANASTAならではですが、武川が驚愕の打率10割で首位打者及びOPS王の2冠達成。

本塁打・打点においては山崎が獲得し同じく2冠達成。

盗塁王は僅か1盗塁で別府が獲得しておいます。

各タイトルホルダーにはMVP選出用のポイントが、それぞれ1ポイントずつが付与され、オフェンス部門の結果としては以下順位となりました。

  • ①位【2P】山崎/武川
  • ②位【1P】別府

②ディフェンス部門個人タイトル

続いては『ディフェンス部門』です。こちらもなかなかの結果となっております。

  • 最多勝 :雲田/末次(1勝)
  • 最多完投:山崎(3完投)
  • 最多完封:越知/吉原(2完封)
  • セーブ :別府(2S)
  • Gグラブ:山崎以外(0失策)

オフェンス部門同様に各タイトルホルダーには各1ポイントが付与され、ディフェンス部門における順位はいかとなりました。

  • ①位【2P】雲田/末次/越知/吉原/別府
  • ②位【1P】山崎/亀井/大森/坂口/伊藤/武川/西山/穣司/渡辺

③チーム活動貢献部門個人タイトル

最後に一番重要なチーム貢献部門です。TOKYO BANANA STARSに所属する選手とってどれだけチーム活動に前のめりになり、どれだけ盛り上げてくれたか?という賞になります

  • 最多出席:雲田/山崎/穣司/別府/亀井/吉原/渡辺/越知(3試合)
  • グラウンド取得王:吉原(3回)
  • 最小平均打順:山崎(2番)※(1番+2番+3番)/3試合
  • エラー王:山崎(3失策)
  • ネタ王:雲田(記事たくさん)

上記の結果から、チーム活動貢献における順位は以下の通り。

  • ①位【3P】山崎
  • ②位【2P】雲田/吉原
  • ③位【1P】穣司/別府/亀井/渡辺/越知

2020 SEASON MVP

そして各部門の合計ポイントを足し合わせ、TOKYO BANANA STARSの栄えある2020年MPVを発表していきます。

という流れにしようと思いましたが!!

若干成績の精度が微妙なので、何か修正がある方はご連絡をください。

昨年同様少し審議に入ります(笑)

と、言うことでMVPの報告は次回に続く…