2021 SEASON MVP

2021年最優秀選手発表

まもなく2021年も終わろうとしています。

そんなタイミングですが、東京バナナスターズ2021年の最優秀選手を発表していきたいと思います。

2021年の最優秀選手賞は非常に激戦となり、最多ポイント「4ポイント」を獲得した選手がなんと3名。

最終的には事務局による厳選なる選考会にて最終決定いたしました。

なのでこの後3位から順に発表していきますが、3名全員が最優秀選手に値する活躍&貢献となります。

それでは第3位の発表です。

 

第3位:伊藤新平(4p)

伊藤新平(攻撃3P/守備1P/貢献0P)

BANASTA史上最年長&最重量での「盗塁王」獲得と共に「打率1.000割」、「OPS2.000」と超攻撃的なポイント獲得による第3位獲得。

投げても最多完投(完投数1)を獲得し、合計4ポイントとなりました。

早く伊藤新平選手のBANASTAユニフォーム着用の写真が欲しい。

 

続いて今シーズン第2位。

 

第2位:雲田厚司(4p)

雲田厚司(攻撃1P/守備0P/貢献3P)

チーム活動への貢献(最多出席/エラー王/ネタ王)を中心に合計4ポイントを獲得。

シーズン後半における2連続エラーでライバル武川&山崎との戦いに勝利し、見事エラー王を獲得。

チームへのネタ提供という面では、Blog記事として掲載できていない内容が多々あり、このコロナと雨になかされ本来の野球活動が少なかったチームを大いに盛り上げてくれました。

グローブ&2ndユニフォームがいつか日の目を見ることを期待しています!

 

そして最後に2021年の最優秀選手の発表です。

 

第1位:別府純也(4p)

別府純也(攻撃1P/守備1P/貢献2P)

2021年Seasonの最優秀選手には別府純也選手が選ばれました。

攻撃面では「2年連続の盗塁王」。守備面では今年唯一の勝利投手となった「最多勝」を獲得。

それに加え、事務局としての評価ポイントは「最多出席」と「最多グラウンド取得」のタイトルです。

グラウンド取得ではグラウンド取得の神「吉原」と同じく3度獲得。大きくチームの活動に貢献してくれました。

 

MVP副賞は?

2021年の最優秀選手には昨年より授与されている”King of Banasta”の証であるBANA-STATUEが渡されます。

King of Banasta BANA-STATUE

過去2年におけるMVPの副賞は以下の通りとなっております。

  • 2019年越知俊彦→大量のバナナ
  • 2020年山崎大樹→BANA-STATUE

2021年最優秀選手賞の副賞は…年明け最初の活動日(授賞式)までお楽しみに!まずは別府純也選手おめでとうございます!

また来年も頑張りましょう!

それでは皆様良いお年を!!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。